自分のブランド商品でショップを立ち上げたいという思いで10年間営んでいた人気セレクトショップCliCをを閉め、セミオーダーバッグとして昨年に念願の開業。わずか半年でファンが急増のKottyの魅力とは? 株式会社エイドパートナーズ 代表取締役 Kotty 代表 植野 里華 ママと一緒に仕事がしたい。娘に残していきたい大切な場所。

PROFILE

株式会社エイドパートナーズ 代表取締役 Kotty 代表植野 里華(1975年10月16日生まれ)

12年前に、婦人・子供服、バッグ、アクセサリーをと取り扱うセレクトショップ『CliC』を立ち上げるが、店頭に置く商品に『もう少しこうだったらいいなぁ』という想いがあり、人気商品でもあったレザーバッグのブランドを立ち上げることを決意。
10年目にお店を閉め準備を開始。

信頼性の高い国内生産ですべて作りたいと言う事と、地元の九州で基本的な工程作業は全て決めたい!というこだわりをもち、自ら工場を調べ交渉を繰り返す。

断られた工場から、ご紹介頂いたご縁を繋いだ先で、想いが伝わり、通常では到底対応して頂けない大手の工場での生産協力を頂けることとなる。
そして昨年の6月に『Kotty』がオープン。

こだわりの良質レザーでセミオーダー出来るバッグはセレクトショップ時代からのお客様はもちろんの事、オープンしてわずか半年にも関わらず、SNSや口こみで評判が広がりファンが急増。
今年3月の新作イベントでは全国からファンが足を運び3日間で200人近くが集まる等の話題を呼ぶ。

ENCOUNTER

INTERVIEW

だったら自分で作っちゃおうかなって

Yumi(以下Y):コッティバッグ、最近ヘビロテです!今では7個にコレクションが増えたけど遊びに来るたび欲しくなる!まだ密かに狙ってるのも沢山あります。笑

植野(以下U):ありがとう!11年前にセレクトショップを経営していたんだけど、その時もレザーのバッグを取扱っていてね。それでも『もっと、こうだったらいいなぁ』っていう気持ちがあったから、自分のブランドが欲しいと思うようになって。
だったら自分で作っちゃおうかなって、自分でデザインデッサンを描いて書き溜めていくようになった。現在13種類バッグのデザインがあるんだけどユミちゃんみたいにコレクションしてくれるお客様も沢山いらしゃって本当に嬉しいし、ありがたい。

(Y):だってすごく質が良いのに、お手頃なのも嬉しい!それにしてもご自分でデッサンを描いていたんですか?凄い!

軽いし持ちやすくて機能的。

(U):もちろん自分で描いてたよ。『こんなサイズが良いなぁ』とか『まちはこれくらい必要かな』とか『これだったら必要な荷物が一通り入るかな』とか色々考えてね。

(Y):そうやってコッティバッグが生まれたんだぁ。コッティバッグは見た目の可愛さだけでは無くて、軽いし持ちやすくて機能的。随所にサトカさんのこだわりを感じます。

(U):まず軽いレザーにこだわったかな。オープン当時は北米のレザーのみでスタートしたんだけど、今年の3月の新作イベントで打ち出したイタリアンレザーはさらに軽量になってる。一切金具使わないのも軽さを追求したから。そして切りっぱなしのデザインもそうだし、もちろんセミオーダーもこだわりかな。

(Y):素敵♡どこからそのアイデアって来るんですか?

主婦の気持ちは、主婦が一番わかる!

(U):わたしが好きだから。笑 っていうのが、お客様がわたしと同世代の方が多いから、わたしがいいな・・・と思ったものはお客様も求めてるんじゃないかなって思ったの。主婦は荷物が多いから、手が塞がらないように、アウターを着ていても、スッと肩にかけられるには持ち手はこれくらいかな・・・とか。

(Y):確かに。主婦の気持ちは、主婦が一番わかる!そういう気持ちが、長年セレクトショップが愛されてきた事にも繋がっているんだろうなぁ。

(U):去年の6月に『kotty』がオープンしてからも、セレクトショップ時代からの長年のお客様がずーっっと続いて通ってくださるの。心から本当に有難いと思ってる。わざわざ、お店に足を運んでくれるお客様たちとの時間を時間を大切にしたい。

(Y):サトカさんのおもてなしは、いつも自然体で心地いいです。わたしも、オープンして半年のお付き合いだけど既にモーレツなサトカさんファン。笑 これからもずーっっと通いたいです。そういえば、コッティってどういう意味なんですか?

大きくなったらママと一緒に仕事がしたい

(U):『コッティ』は娘のニックネームなの。その娘がね、ある時学校で作文を書いたんだけどそこに『大きくなったらママと一緒に仕事がしたい』って書いてくれてね・・・。それを見たら親として娘に残したいなってすごく思った!

(Y):とっても素敵なお話~!ウルッときちゃいました。

(U):そして実は次にしたいことがあってね、名前は『ケイティ』なの。息子のニックネーム。

(Y):本当に素敵な親子関係♡サトカさんの愛情がお店に込められているのも伝わります。それに次に何をされるのか楽しみだなぁ。何するんですか?

(U):まだ秘密!

SHOP NAME Kotty
ADDRESS 〒810-0016 福岡県福岡市中央区平和3丁目10番1号 AiDビル1F
PHONE 092-406-8407
HOMEPAGE http://www.kotty.jp/

INTERVIEWER

ワイズプロジェクト(株) 代表取締役社長渡邊 優美(1979年11月9日生まれ)

19歳でファッションスタイリストの道へ。

実力が認められ半年でチーフに就任されるも超多忙な中、体調を崩しスタイリストの夢を断念。

その後、色々な事にトライする中、設計、不動産売買の勉強をして28歳でインテリアコンサル会社を起業。

ライフスタイルの変化の中で起業5年目に、化粧品企画、ファスティングカウンセラー、通販の事業内容に変更して現在に至る。

自由の中にもこだわりを持ち、幅広い経験を活かした活動を行う。